何もなかったを卒業!バーチカル手帳の使い方

Uncategorized

こんにちは、おはるです。

今年の1月からジブン手帳liteを使ってます。
最近の使い方をご紹介します。
バージカル式でどう使えばいいのか迷ってる…
という方の参考になれば嬉しいです。

バーチカルに1週間の決まった予定を入れる

まず月曜日に絶対に決まっている時間を入れていきます。
ペンの使い分けは

青→睡眠
黄色→家事など
緑→家族時間
ピンク→自分時間です。

我が家は2歳4歳の子どもがいるので絶対に外せない時間は

・22時の寝る時間
・7時半~9時半までの家事や保育園送迎時間
・16時~のお迎え時間

ここは変わることがないのでマーカーで埋めていきます。
空白の時間は自分の使える時間!
なるべく緑やピンクの時間を伸ばせるように努力奮闘中。

決まった時間を入れてしまったら
予定を付箋で仮押さえ。
私の場合は色んな仕事を掛け持ちしているので急な予定も入ることがあったりで
ボールペンで書くとすぐ汚くなっちゃうから
付箋を活用してます。
フリクションとかもいいけれど、時間の移動ができるので付箋がお気に入り♡

ここで大事なのは予定だけじゃなくてわくわくすることも一緒に貼っていくこと!
スケジュール帳に予定だけじゃもったいない!
「私がごきげんになること」も付箋で予定を仮押さえしておきます。

1日のやることは別付箋に書く

毎朝ノートに頭の中の書き出しをしてます。
思いついたやることを5分で全部書いていくんです。
そしてその中から絶対にやることを選んで
大きめの付箋に書き写す。

この付箋はどこでも移動できるから
その日一番みるところに貼っておきます。
バーチカルページに貼ることがおおいかな?

次の日に前日の振り返りをする

次の日の朝振り返りで1日の流れを埋めていってます。
付箋をはいで実際にしたことをマーカーで記入!
一緒に「その日できたこと3つ」を書くようにすれば
「なーーにもできなかった日」を回避!
「私ってこんなに出来てる♡」に変わっていきます。

1日の空いたスペースには
1週間に1つ目標を決めて、それを実現できるためのステップを思いつくだけ書く
をしています。
このステップはできなくても自分の夢を叶えるネタ帳になるなるのです。

1週間全部書き終えたところ。
向かって左の空きスペースに1週間の振り返りをしてこのページは終了。

何もなかった…を卒業!

「あー私1日なにしてたんだろう…」
って思ってたけれど、ライフログを取るようになって
「結構できてるじゃん!」と気持ちが前向きになってきました。

今回はジブン手帳を例に出しましたが
どんな手帳でもできると思います。
ぜひ取り入れてみて毎日を彩ってみてくださいね。

自分を見つめ直して夢のカケラを発見するワークはこちら♡
3月日程も近々出します~

コメント

タイトルとURLをコピーしました